ED患者の8割が喫煙者

喫煙とお酒の飲みすぎは、両方が揃えば確実に男性機能を減退させます。
日本たばこ産業が2014年に発表したデータでは日本人男性の喫煙率は30%です。これに対して、ED患者の喫煙率は80%を占めるともいわれます。
本気で男性機能の向上を望むのならば、タバコは絶対に吸うべきではありません。
タバコにはニコチン、ヒ素、カドミウム、トルエン、ダィオキシン、一酸化炭素など、4000種類を超える化学物質が含まれており、そのほとんどが有害物質であるばかりか、うち数十種類が発ガン物質です。
これらの有害物質は活性酸素を大発生させ、それらに対処するために、体内のビタミンやミネラル、酵素が大量に消費されます。ニコチンは血管の収縮と血圧の上昇をもたらし、一酸化炭素は酸素を押しのけてヘモグロビンと結合し、細胞や組織を酸欠状態にします。LDL (悪玉コレステロール)や中性脂肪が増えて、動脈硬化の原因にもなるなど、喫煙はさまざまな病気を引き起こし、ガンの発症率は数倍から数十倍にものぼります。
さらにタバコは、精子の受精能力を低下させ、染色体異常の引き金となつて、生まれてくる赤ちゃんにまで影響を及ぼしかねません。
タバコをやめない理由として、禁煙によるストレスを挙げる人がいますが、タバコの害はそれとは比べものにならないほど深刻なものです。男性機能の向上のためにはくら食事に気をつけても、タバコを吸っていればすべてが台無しになります。 タバコは「百害あって一利なし」。受動喫煙(間接喫煙)によって家族や周りの人にまで影響を及ぼすタバコの健康被害を、決して軽く考えるべきではありません。